電話でのご相談予約はこちら

0120-666-694

平日9:30~21:00/土日祝9:30~18:00

メールでのご相談予約はこちら お問い合わせフォーム 24時間・365日受付

メニュー メニュー

夫の浮気に対して離婚慰謝料を請求するときに知っておきたい相場について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年10月30日
  • 離婚
  • 離婚
  • 慰謝料
  • 請求
  • 相場
  • 静岡
夫の浮気に対して離婚慰謝料を請求するときに知っておきたい相場について

夫の浮気が発覚したとき、ショックを受けると同時に、離婚や慰謝料請求を考える方も多いかと思います。そこで、離婚の慰謝料請求を考えた時に知っておきたい慰謝料の相場について、静岡オフィスの弁護士が解説いたします。

1、浮気による慰謝料金額の相場は、数十万から500万円が一般的

  1. (1)二人で合意すればいくらでも良い

    当然のことかもしれませんが、慰謝料額はいくらでなければいけないというものではなく、相手が合意すれば、相場以上の慰謝料を受け取れる可能性もあります。また、金額の交渉として、最初に提示した金額から減額していって最終的に合意するということが多いので、最初の提示額は、希望の提示額を伝えるということも大切です。

  2. (2)相場は数十万円から500万円が一般的

    もちろん事案により異なりますが、浮気による慰謝料金額の相場は、数十万円から500万円が一般的です。裁判で考慮される算定要素としては、婚姻期間、不貞回数・期間、不貞時の夫婦関係、不貞により離婚したか否か、夫(又は不倫相手)の収入等などが挙げられます。たとえば、婚姻期間が長いと不貞による精神的苦痛も大きいと考えられるため、慰謝料額も増加する傾向にあります。同様に、不貞の回数・期間が多ければ増額の傾向にあります。

  3. (3)慰謝料の額の目安は一度弁護士に相談を

    上記に挙げた以外にも慰謝料の算定要素は、数多くあり、あらゆる事情を考慮して算定されるので、慰謝料の額の目安は是非一度弁護士にご相談ください。
    慰謝料の金額がよくわからないまま、万が一低い金額を相手に提示してしまうと提示した金額で承諾があるという証拠に使われ、その後金額を増額できなくなる可能性もあるので、ご注意ください。

2、浮気による慰謝料請求ができるケースとできないケース

  1. (1)慰謝料請求できるケース

    裁判で不貞行為により慰謝料請求が認められるためには、不法行為(民法709条)が成立する必要があります。
    不貞行為により不法行為が成立するためには、①保護すべき婚姻関係、②婚姻関係への侵害行為、③故意又は過失、④損害の発生及び額、⑤②と④との間の因果関係が必要です。

    ①の婚姻関係ですが、内縁関係や婚約していたという場合であっても慰謝料が認められるケースはあります。
    また、侵害行為にあたる典型例は性行為・肉体関係ですが、必ずしも肉体関係がなくても慰謝料を請求できるケースはあります。

    なので、慰謝料が請求できるかわからないという場合は、弁護士にご相談ください。

  2. (2)慰謝料請求できないケース

    離婚請求ができないケースとしては、不貞行為が始まった時に既に婚姻関係が破綻しているケースがあります。

    では、どのような場合に婚姻関係が「破綻」していたと評価されるかというと、明確な基準はないのですが、裁判所としては、別居など客観的な要素をもとに破綻を評価することが多いようです。したがって、家庭内別居というような夫が一方的に婚姻関係が破綻していると認識していても破綻が認められるとは限りません。

    また、よく問題になるのは、性交渉が無いという事実から婚姻関係が破綻していると主張されることがありますが、性交渉が無いという事実のみから婚姻関係が破綻していると認定されるわけではないので、相手方がそのようなことを言ってきても簡単にあきらめるのは早計です。さらに言えば、裁判所は、婚姻関係が破綻しているという評価は、厳格に判断しているので、何らかの事情で夫婦関係が悪かったということがあっても「破綻」しているとまで認められるとは限りません。
    自分のケースが慰謝料を請求できるのか迷ったら、弁護士に是非ご相談ください。

3、浮気による慰謝料請求のことなら静岡オフィスの弁護士にご相談ください

  1. (1)不貞行為の有力な証拠

    不貞行為を裁判で認めてもらうためには、証拠が必要です。不貞行為の有力な証拠としては、夫が浮気相手と二人でホテルに入るときの様子を撮影した写真や不貞行為を記録した動画、不貞行為があったと分かる浮気相手とのメールなどがあります。
    しかしながら、上記のような直接的な証拠がなくても証拠としては、十分な場合もあります。

  2. (2)探偵に依頼すべきか

    浮気はしていそうだけど、証拠がないという場合は、浮気の調査を探偵に依頼しようか悩まれる方も多いと思います。探偵であれば、上手くいけば、夫を尾行して浮気相手との二人でホテル入るときの写真など直接的な証拠を取得してもらえるかもしれないので、積極的に利用するというのも一つの手です。ただし、探偵に依頼しても尾行してもらった日に必ずホテルに行くとは限らないので、たとえば、二人で並んで歩いている写真は撮影できたけれど直接的な証拠は押さえられなかったということもあります。そのような場合には、探偵が報告してくれた証拠を相談時にお持ちいただければ、その証拠で十分かどうか弁護士の見解をお伝えすることが出来るので、お持ちの証拠があって、その評価にお悩みの際は一度ご相談下さい。

お気軽にお問い合わせください ご相談の予約はこちら

0120-666-694

営業時間 平日9:30~21:00
/土日祝9:30~18:00

< 24時間受付 >メールでのお問い合わせ

静岡オフィスの主なご相談エリア

静岡市駿河区、静岡市葵区、静岡市清水区、浜松市中区、浜松市東区、浜松市西区、浜松市南区、浜松市北区、浜松市浜北区、浜松市天竜区、湖西市、沼津市、三島市、富士宮市、富士市、御殿場市、裾野市、田方郡函南町、駿東郡清水町、駿東郡長泉町、駿東郡小山町、島田市、磐田市、焼津市、掛川市、藤枝市、袋井市、御前崎市、菊川市、牧之原市、榛原郡吉田町、榛原郡川根本町、森町、熱海市、伊東市、下田市、伊豆市、伊豆の国市、賀茂郡東伊豆町、賀茂郡河津町、賀茂郡南伊豆町、賀茂郡松崎町、賀茂郡西伊豆町にお住まいの方

ページ
トップへ